調剤薬局薬剤師の仕事内容と年収

調剤薬局に転職

トップ > 調剤薬局へ転職したい方へ >  仕事内容と年収

調剤薬局薬剤師の仕事内容と年収

病院やドラッグストアで勤務している薬剤師の方…
調剤薬局に転職してみたいけど、現在の職場とどう違うのか、仕事内容や年収がどう異なるのか、など同じ薬剤師でも分からないことばかりなのではないでしょうか。
以下、詳しく説明していきます。

調剤薬局薬剤師は、調剤薬局で勤務する薬剤師のことです。

調剤薬局の仕事内容

調剤薬局での薬剤師の主な業務内容は、以下のようなものとなっています。
・処方箋に従った調剤作業
・投薬、服薬、薬の管理に関する指導
・一般医薬品の販売と説明
・患者さんへの投薬記録などの管理

現在病院に勤務している薬剤師の方

病院勤務の場合と比べると、一般医薬品の販売を行うことが大きな違いです。
ドラッグストアと比べると小数ですが、のど飴や目薬など、医薬品ではないものについても説明しなければなりません。

また医師との連携が密な病院の場合と比べると、患者さんについての情報が処方箋しかありませんから、この辺りも意外と苦労します。病院のすぐ近くの病院の処方箋なら、医師への確認も簡単です。しかし患者さんはどこの薬局に行ってもいいので、場合によっては薬剤師が直接患者さんから病状などを確認しなければなりません。

調剤薬局薬剤師の年収

調剤薬局薬剤師の平均年収は、400万円から650万円程度です。
管理薬剤師にまで昇任すると700万円以上、場合によっては1000万円以上の収入も期待できます。病院に比べると平均・上限共に高いですし、ドラッグストアとは平均が同じですが、上限がより高いです。

調剤・服薬指導がメインとなってくる調剤薬局は、薬剤師にとって最もスタンダードな職場といえます。収入も安定しており、他の職場からの転職は魅力的だといえます。

【参考】 調剤薬局と薬局
調剤薬局・薬局など呼び方は様々ですが、薬事法上調剤を行わない店舗は
名称に薬局を使用してはいけないと定められています。そのため、「調剤薬局」も「薬局」も同じ意味です。


調剤業務を行わない店舗は、「薬の〜」「ドラッグストア〜」などと名前を呼ばれていますよね。ドラッグストア内に設置されている調剤薬局も、調剤薬局です。
けど、普通調剤薬局に転職したいと言う場合には、病院の近くに設置されている調剤薬局を念頭に置いているはずです。
ですから、このカテゴリーではこのような薬局を念頭に置きながら紹介していきます。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧