調剤薬局薬剤師の求人状況と将来性

転職仲介サービス

トップ > 調剤薬局へ転職したい方へ > 求人状況と将来性

調剤薬局薬剤師の求人状況と将来性

病院やドラッグストアに勤めているけど、調剤薬局に転職したいという方は
相当数存在しています。調剤薬局といえば、最も薬剤師らしい職場です。

女性が多い職場ということもあって、欠員が出ることも多く求人数は相当多いのが現状です。
転職を考えている場合に知りたいのは、求人状況と将来性だと思います。

調剤薬局薬剤師の求人状況

薬剤師業界の中では求人案件の数が一番多い職場が、調剤薬局です。
職場を特に選ばなければ、常にどこかの求人案件があります。

とは言っても、近くの薬局などが見つからない、という場合も多いかと思います。
実は、これにはからくりがあります。あなたが言ったことのある調剤薬局をイメージしてみてください。

大きな病院の近くの薬局なら、薬剤師が10人以上在籍している大きな薬局もあるかもしれません。しかし多くは、3〜5人程度でこじんまりと営業している薬局をイメージするのではないでしょうか。実際、多くの調剤薬局は5人以下の規模のものなのです。

だとすると、一人欠員が出るというだけでも大騒ぎになるであろう、ということは簡単に想像できますよね。多くの場合には、欠員が出る数ヶ月前から募集をかけています。
しかし経営者側としては、実際に欠員が出てしまうのはどうしても避けたい事態です。
そこで確実・迅速に募集をかけるのです。

このような募集の方法として、案件を一般には出さないという方法があります。

このことは、一見すると矛盾しているように感じます。
が、一般に向けて広く募集をかけるのは、実は相当不確実な方法です。
そこで、転職などを考えている人に確実に伝わるような場所に、募集をかけるわけです。これが非公開案件というものです。通常の手段では、これを見ることすら叶いません。
これを見るためには、転職仲介サービスなどにアクセスする必要があります。


一般案件に、希望する条件のものがない…
そういう場合には、非公開案件の中から探してみると、すんなりと希望の条件に沿う職場が見つかったりすることもあります。

調剤薬局の求人案件が多い、というのは実はこういう非公開案件も含めての話なのです。
非公開案件を見たいと言う方は、転職支援サービスに登録してみてはいかがでしょうか。

調剤薬局薬剤師の将来性

近年、医薬分離が徹底され始めました。
そのため病院のあるところには必ず薬局があるという状況にあります。
新規の薬局開設も落ち着いてきましたが、まだまだニーズは高いのです。
調剤薬局薬剤師の将来性は、比較的明るいということができます

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧