ドラッグストア薬剤師の
転職に有利なキャリア・経験とは?

ドラッグストア薬剤師

トップ >  ドラッグストアへ転職したい方 > 転職に有利なキャリア・経験とは?

ドラッグストア薬剤師の転職に有利なキャリア・経験とは?

ドラッグストア間で転職をする際には、今までの経験やキャリアなどを
面接の際にPRしていきます。
・どのような経験・キャリアをPRしていけば有利になるの?
・特殊な経験は積んでいないけどどうしたらいいの?
などなど何をPRしていけばいいのか悩んでいる方は多いはずです。
このページでは、そのような方の悩みを解消するための情報を紹介します。

募集側は何を見て判断するのか

求人を出す募集側は、応募者の何を見て採用の判断をしているのでしょうか。
一般的には、人柄や性格など様々な点が言われていますが、専門職である薬剤師の場合には何より経験・キャリアが物を言います。採用者側が必ず見るものとして…

・転職理由
・今までどのように働いてきたのか
・スキルがあるのかどうか

などが挙げられます。

転職理由はもっぱらマイナスがないかどうかの部分ですので、転職を有利に進めるためには、経験・スキルなどの部分で印象付ける必要があります。


自分の経験の中の何がPRポイントになるのか


転職の応募者は、今まで薬剤師として働いてきた人ばかりです。
そのような人の中で、自分の経験の何がPRポイントになるのか、
を知りそこを強調していくことが転職を有利にするためには必要となります。

・今までの職場で何の問題も起こさず、業務をこなしてきました
・人間関係もスムーズでした

というPRでは、マイナス点がなかったと主張しているだけで、なんら自分の経験をプラスにつなげることができていません。日常的な業務内容の中で、自分は何を考え何を身に着けてきたのか…そして、それが転職先の業務でどのように活かせるのか、という点を明らかにしてそこをPRしていく必要があります。


たとえば、様々な部署・役職をこなしてきたという経験からは、新しい仕事を覚えるのが早いというプラス点を抽出できるでしょう。
たくさんのお客さんと関わってきたという経験からは、人の顔を覚えるのが得意、トークスキルには自信があるなどという長所を抽出できるはずです。


このように、各自の具体的な体験から、具体的な長所を抽出していくことで採用者に強い印象を与えることができます。自分の経験をそのように客観的に見つめることができない…
そういう場合には、客観的な第三者に手伝ってもらうことが有益です。
転職支援サービスに登録することで、 数多くの転職希望者を支援してきたコンサルタントのアドバイスを受けることができます。転職のプロですから、そのアドバイスは強力な武器となります。転職支援サービスの利用こそが、転職活動を有利に進める秘訣なのです。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧