ドラッグストア薬剤師の転職に必要な資格やスキル

ドラッグストア薬剤師

トップ >  ドラッグストアへ転職したい方 >  転職に必要な資格やスキル

ドラッグストア薬剤師の転職に必要な資格やスキル

現在薬局や病院を薬剤師をしており、
ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師の方…!

・どのような資格をもっておけば有利になるのだろうか
・要求されるスキルはどのようなものなのだろうか
・面接や書類でどのような部分をPRしていけばいいのか


等と不安に思っていませんか?

そのような方のために、以下ではドラッグストア薬剤師への転職に必要な資格やスキルを紹介していきます。

ドラッグストア業務の特殊性とスキル

ドラッグストア薬剤師の業務内容は以下のようなものです。

・一般医薬品を不特定多数のお客さんに販売・説明する
・商品陳列、仕入れ、管理、清掃、レジ打ちなどの雑務

病院や調剤薬局と比べた場合、ドラッグストアの勤務内容には特殊性があり、
それに応じたスキルを身につけておく必要があります。

【不特定多数のお客さんを相手にする必要がある】


入院患者さんを中心として相手にする病院や、処方箋を持ってきた
患者さんを相手にする調剤薬局の場合と比べ、ドラッグストアの顧客は不特定多数です。
そのため「接客」能力が必要となります。接客能力の基本はコミュニケーション能力です。
面接などでしっかりとコミュニケーション能力を示すことが必要といえます。


【大量の一般医薬品を扱わなければならない】


一般医薬品は、似たような商品が数多く発売され続けています。
たとえば、風邪の初期に使用される葛根湯一つとっても、値段・成分の量・コストパフォーマンスなどが異なるものが数多く発売されています。

薬の効用だけではなく、このような面まで把握した上で説明できるようになる必要があります。とはいえ薬剤師でしたら、数日もドラッグストアに通って見比べたら、ある程度把握できるはずです。このような「特訓」を面接などに先立って行っておくと、武器となるかもしれません。



【日用品についても説明しなければならない】


ドラッグストアは、医薬品のみではなく数多くの日用品も扱います。
説明までは要求されないでしょうが、配置などは把握しておく必要があります。
記憶力などはある程度要求されると言えます。


【様々な雑務を要求される】


清掃や陳列など一般の薬剤師には要求されないような業務も、こなす必要があります。

これはスキルというより、変なプライドが邪魔をしないかどうかという問題となってきます。
仕事は仕事だ、という考え方をもてるかどうかが大事です。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧