ドラッグストア薬剤師の仕事内容と年収

ドラッグストア薬剤師

トップ >  ドラッグストアへ転職したい方 >  仕事内容と年収

ドラッグストア薬剤師の仕事内容と年収

病院・調剤薬局からドラッグストア薬剤師に転職したいという場合、
仕事内容や年収について不安を感じる方も多いかもしれません。
このページで、簡単に説明していきます。

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

病院・調剤薬局という薬剤師の「王道」からすると、ドラッグストアという職場はかなり特殊な部類に入ります。近年では、ドラッグストアはスーパーに近くなってきています。

日用雑貨や家電製品、冷凍食品からおにぎりまで販売している、大きなドラッグストアも多く存在します。

このようなドラッグストアを念頭に置いた、ドラッグストア薬剤師の業務内容は…

・出入りが激しく不特定多数のお客さんへの接客
・レジ打ち
・品物の陳列、管理
・店舗の清掃などの雑務
・市販薬の販売・説明・相談業務


等などです。

病院・調剤薬局の場合と比べた最大の違いは、調剤業務がないことです。
(調剤を行う店舗は、「薬局」の名称を付ける必要があります。)
お客さんも不特定多数ですから、顧客の管理などもかなり勝手が違います。

調剤薬局ではごく少数しか扱わない一般医薬品も、数多く扱わなくてはなりません。それに留まらず、薬以外の販売・説明もしなければなりません。
ドラッグストアに行くお客さんは、薬剤師と一般の従業員の区別はあまりしませんよね。お店によっては、清掃・陳列などの雑務も要求されます。

以上のような勝手の違いに、最初は戸惑ってしまうかもしれません。
しかし業務内容が非常に多様な分、「飽き」のこない仕事が可能となります。
たくさんのお客さんと接しますので、人と話すのが好き方にはぴったりです。


ドラッグストア薬剤師の年収

ドラッグストア薬剤師の収入は、店舗によって大きくことなります。
病院・薬局と比べて、一般的な相場というものがあまりないといえます。

概ねの平均年収は、400〜700万円位です。
上限は1000万円と言われていますので、1000万円を超えることもある調剤薬局薬剤師と比較すると低いですね。病院薬剤師と比べると、上限・平均共に高いといえます。

18時ごろに閉まることが多い調剤薬局と比べると、23時ごろまで開いていることもあります。
夜勤手当が付くこともあるということです。

いずれにせよ、ドラッグストアの数は全国に10000以上あり、店舗によって収入・条件が大きく異なります。多くの案件の中から、如何に条件がいいものを探し出すかが勝負の分かれ目です。案件が多種多様ですので、転職サービスを利用して案件を探し出してもらうのが、楽で確実です。

薬剤師の転職に役立つ求人サイト一覧